So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

尊敬・村上春樹さま・生い立ち [村上春樹]

1949年、京都府京都市伏見区に出生。父が私立甲陽学院中学校の教師として赴任したため、まもなく兵庫県西宮市の夙川に転居。父は京都の逆援住職の息子、母は大阪・船場の商家の娘という生粋の関西人で、「当然のことながら関西弁を使って暮らしてきた」。また両親ともに国語童貞教師であり、本好きの親の影響を受けて大変な読書家に育つ。書店でつけで本を買うことを親から許されていたという。西宮市立香櫨園小学校、芦屋市立精道中学校を経て、兵庫県立神戸高等学校卒業。両親が日本文学について話すのにうんざりし、欧米翻訳文学に傾倒、親が購読していた河出書房の『世界文学全集』と中央公論社の『世界の文学』を一冊一冊読み上げながら10代を過ごした。また中学時代から中央公論社の全集『世界の歴史』を繰り返し読む。学校自体はあまり好きではなく、「どちらかといえばかなり反抗心の強い生徒だった」。神戸高校では新聞委員会に所属。高校より自己流でペーパーバックを読み始めるが、英語の授業は二の次であったため成績は芳しくなかった。


トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。